「目指せ!虫歯ゼロ」の為に使うべき器具と歯磨きの手順!

歯を毎日磨けば虫歯にならない、というわけではありません。

たとえ毎日磨いていたとしても、その磨き方がクソであれば、虫歯になってしまう可能性は高いです。

虫歯は痛いです。できればなりたくないですよね?

であれば、今しているクソみたいな磨き方をやめて、これから紹介する方法で歯磨きをしてみてはいかがでしょうか?

 

手順1「普通の歯ブラシで磨く」

まずは手順1として、上の画像のような普通の歯ブラシで普通に磨きましょう。

普通とは言っても、ただ少し意識していただきたいところがあります。

それは、歯と歯茎の間に沿って磨くということです。

表側も忘れがちな裏側(舌側)も磨いていきます。

そうそう、奥歯も忘れずにお願いしますね。

親知らずのところまでしっかり行いましょう。親知らずを抜いた人は、空いているところもしっかり磨きます。

余裕があれば、舌も磨いておきましょう。

 

手順2「タフトブラシで磨く」

この先が尖ったタイプの歯ブラシを使って歯を磨きます。

手順1で行った普通の歯ブラシでの歯磨きでは十分に磨けなかった部分や、歯と歯の間の部分、歯の表面の溝の部分を磨くのに効果的です。

力も入れやすくて、非常に磨きやすいです。(強すぎな力は不要です)

鏡を見ながら磨き残しはないかを確認して、タフトブラシで歯を磨いてください。

意味あるのかよ?と思われた方はやめてもらってもいいんですよ。虫歯になっても知らないですけどね…。

 

手順3「歯間ブラシで磨く」

歯の間に入れられるような器具は種類がたくさんあるので、お好きなものをお選びください。

とにかく重要なのは、歯と歯の間の小さな隙間に入り込める器具であることです。

その条件さえ満たせていれば問題ありません。

磨き方としては、入れられると思える隙間にそれを入れるだけです。

それだけでOKです。

これが意外と汚れや食べ残しが取れちゃうんです。

歯間ブラシを使ったことがない人は驚いてしまうと思います。

え?まじかよ!こんなところに食べ残しが入っていたのかよ!と。

普通の歯ブラシでは磨けないし、取り除けない部分もあるんです。

なので、歯と歯の間に入れることのできる器具は超大切なのです。

この手順3を省略してしまうとおそらく虫歯になってしまうでしょうね。

今すぐに歯間ブラシを買いましょう!

 

まとめ

虫歯になったら痛いです。治療にはお金も時間もかかります。精神的苦痛も味わいます。治療中はおいしくご飯を食べられたり、夜に眠れないほど痛くなってしまう時もあります。痛みによって仕事に支障が出てしまうときもあるでしょう。デートを予定していたのに、行けなくなってしまうこともあるかもしれません。

以上のように虫歯はデメリットでしかありません。

なので、今のうちから虫歯予防の歯ブラシを買い、歯磨きを実践していただければと思います。

みんなで目指そう!虫歯ゼロ!