この恋愛系の映画を3本見て、モテる恋愛力を育てよう!

女性の心を知ることは大切だと思いますか?

え?女性の心ってwというふうに、ちょっと馬鹿にしている人もいるかもしれませんね。

ただ、あなたが「女性の心ってw」と思ったのであれば、それがあなた自身の心です。

このように誰しも心を持っています。

それでは、女性にモテるためには、女性の心を知らなければならないと思いませんか?

 

『セックス・アンド・ザ・シティ』

「ドラマシリーズの4年後の物語です。セックス・アンド・ザ・シティは女性に特化したドラマ・映画だと思われがちです。

実際女性から見て共感する部分が多々あり、またファッションも素晴らしく、それ故人気があるのだと思います。

しかし、だからこそ男性に見ていただきたいのです。

是非女性のリアルで生々しい感情を疑似体験していただきたい。

また、セックス・アンド・ザ・シティに登場する男性も非常に個性あふれる面々なのですが、「こういう人いる!」という妙にリアルでもあります。

女性目線も男性目線もトランスジェンダー目線でもすべての人が共感し楽しめる作品だと思います。」(30代女性)

 

疑似体験!そう、この映画で女性の生活を疑似体験することで、女性に対する理解が深まります。

同棲したことがある方は分かるとは思いますが、女性の生活って想像と違いましたよね。

そして、実際の生活を知ることで女性に対して「しちゃいけないこと」と「したほうがいいこと」がわかったと思います。

このように女性のリアルな生活を知ることで必ずその後の恋愛の役に立ちます。

おすすめの記事
男性にオススメの恋愛系映画3選「これで女心を知ろう」

 

『ノクターナルアニマルズ』

「ギャラリーのオーナーのスーザンの元へ元夫のエドワードから小説が届くところから物語は始まり、エドワードの書いた小説とスーザンの現実の生活のシーンが交互に進んでいく。

夫に浮気されていたり、一見華やかな生活を送りながらもどこか哀しい表情のスーザン一方小説は娘と妻を無残に殺され犯人を捜す父親、なかなか進まない操作、悪びれもしない犯人への苛立ちやもどかしさがスーザンの生活とリンクしていく。

小説を読み進める間スーザンはエドワードと連絡を取り、夫がいる身でありながらエドワードと逢引の約束を交わす。

ラスト、スーザンはエドワードに会いに行ってしまうが、約束の場所にエドワードは現れない。

スーザンの表情から虚しさと後悔、怒りが汲み取れるし、エドワードの復讐にも取れるがラストシーンの感じ方は男女で違ってくると感じたことと、結婚=幸せな夫婦ではないというメッセージがある映画。」(20代男性)

 

男女の感情の動きを知るには非常に勉強になる映画だと思います。

普通にこの映画を見るのではなく、どこでどのような感情がどのように動いたのかを観察してみると良いでしょう。

おすすめの記事
心理学が学べる海外ドラマ2選!美女の出演あり!

 

『アバウト・タイム』

「この映画は、ポスターや宣伝を見ると一見ラブストーリーのように見えます。

主人公の男性が、進学により家を出て、就職して、素敵な女性と出会い恋愛して、結婚して、子どもができてというあらすじで、主人公はそんなにかっこよくないけど、ちゃんとした職業についている、やさしくていいやつで、ヒロインの女の子はとってもかわいいな~なんて思いながら見ていました。

そこにタイムトラベルの要素が加わります。これはどういうわけだ、と思いながら見ていると、最終的には父と息子の絆の物語になります。

女性の私はそこらへんよくわからなかったけど、映画館で隣に座っていた見ていたカップルの男性の方が大泣きしていたので多分男性にはしみる名作。」(20代女性)

 

タイムトラベルの要素も楽しみながら、恋愛のストーリーも学べる映画です。

自分が何か行動を間違えたと思ったら、その行動をする前のタイミングに戻れるんです。スゴイ能力ですよね。

例えば、女の子に対して嫌なことをしてしまったら、その行為をする前にタイムトラベルできちゃうんです。

この現実では無理ですけどね笑

タイムトラベルして「実は俺はこの人のファンなんだ」というシーンは今すぐ恋愛に使えると思いました。

やはり、自分と同じ人のことは好きになりやすいですから、気になる女性の調査も行ってみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事
女性に営業するなら、この心理作用を理解せよ!

 

まとめ

ネットのニュースでも、ドラマでも、映画でも、何にでも感情の動きは載っています。

その人が何が理由でどのように気持ちが揺れたのか。

この点に注目することができれば、あなたは人の心を操れるようになれるかもしれません。

ただ、やり過ぎは注意です。そして、それを表に出さないことも大切です。

誰一人として、気持ちが見破られて嬉しいと思う人はいませんから。