【保存版】20代のビジネスマンにオススメの時計9選

ビジネスマンにとって時計はスーツや革靴の次に大切なものの1つではないでしょうか。

ビジネスでは時計にこだわりを持っている人がたくさんいます。時計に詳しくなったり、こだわりのある時計を持っているだけで、話が弾んだりすることでしょう。

そこで、今回はビジネスシーンで使えるおすすめの時計をご紹介します!

 

時計の選び方

ビジネスで使える時計を買う際には迷うことも多いのではないでしょうか。時計はその人の印象を決めるものでもあります。

せっかく買うのなら、周りの人へ少しでもよい印象を与える時計がいいですよね。

ここではビジネスシーンで使える時計の選び方についてご紹介します。

 

時計の価格

社会人とはいえ、20代のうちは時計に対してそんなにお金を使えるわけではありません。

時計にあまりお金をかけたくない人もいるでしょうが、金額はそれなりにするものが多く、こだわり過ぎるとどんどん高くなってしまいます。

20代のビジネスマンが時計にかける金額の相場は2〜5万円となっています。

プライベートで使う時計なら安くても構いませんが、ビジネスシーンとなると少し高くなる印象です。

また、スーツの価格帯に合った時計を選ぶもの一つの方法です。リーズナブルなスーツに何百万円もする時計をしていると違和感があります。

スーツと時計の価格帯はバランスよく揃えておくのが良いでしょう。

 

ベルトの種類

時計選びの際に悩みポイントの1つがベルトの種類ではないでしょうか。

ベルトは革タイプとメタルタイプの2つに分けられます。ビジネスシーンではどちらでも構いませんが、スーツに似合うベルトを選ぶことがおすすめです。

20代の男性でしたら、メタルタイプの方がスポーティーな印象でより若々しく活動的なイメージを与えます。また、耐久性に優れているので長持ちします。

革タイプは水に弱く、汗で汚れてしまうこともありますが、メタルタイプよりもフォーマルな印象を与えます。

 

文字盤の色

ビジネスシーンでは文字盤の色は白が一般的です。白は見ている人に清潔感を与えるだけでなく、針が黒いと時間を見やすいのでおすすめです。

紺色や灰色は落ち着いた印象を与えます。白の文字盤の時計を持っている人は色付きの文字盤の時計を買ってみるもの良いでしょう。

 

時計の機能

時計の機能ですが、基本的にはアナログ時計で、時間がズレないものであれば問題ありません。

また、日付表示や曜日表示があるものでも便利です。

これに付け加えてあった方が良い機能としては下記の機能が挙げられます。

・防水機能
・GPS機能
・24時間表示がされている

職業によっては海外出張が多く、時刻の変更をしないといけなかったり、水仕事をするため、防水加工でないといけなかったりとそれぞれの仕事によって上記のような機能が必要になることもあります。

 

ビジネスマンにおすすめの時計9選

20代のビジネスマンにおすすめの時計についてご紹介していきます。

デザインや利便性など自分にあった時計を探してみましょう。

 

エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)

エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)はおしゃれなビジネスマンに人気の時計です。

エンポリオ アルマーニは1981年にジョルジオ アルマーニから派生したブランドで、都会の若者向けのデザインが人気を集めています。

イタリアブランドで、力強さがあり高級感漂うデザインなため20代の男性から好まれているようです。

・参考価格:3〜5万円

 

シチズン アテッサ(ATTESA)

シチズン アテッサ(ATTESA)は日本を代表する時計ブランドのシチズンが展開するビジネスウォッチの商品ラインです。

アテッサは1987年にビジネスマン向けのブランドとして発売されており、チタニウム製で肌に優しく、スーツにあるデザインが特徴的です。

チタニウム製はステンレス製に比べて軽量でサビにくいです。また、アテッサにはエコドライブが搭載されているため、電池交換が不要です。

便利さを重視した時計なので、20代のビジネスマンから人気のある商品です。

・参考価格:約10〜23万円

 

オリエント(ORIENT)

オリエント(ORIENT) は1950年に日本の大手時計メーカーのセイコーが手がけた老舗ブランドです。

オリエントには全ての時計に10気圧防水が標準装備されており、実用性を追求した時計です。

オリエントにはいくつかのシリーズがありますが、どれも長年に渡り受け継がれている技術と性能が特徴的です。

日本製の高性能な時計を探している20代のビジネスマンにはおすすめの時計です。

・参考価格:約7〜25万円

 

カルバンクライン(CALVIN KLEIN)

カルバンクライン(CALVIN KLEIN)はアメリカを代表するファッションブランドです。洗練されたデザインが特徴的で機能性にも優れています。

デザインはシンプルなものからおしゃれなものまであり、自分に合ったデザインを選ぶことができます。

アメリカのブランドですが、製造は時計生産国として有名なスイスで製造されているため、機能性にも優れています。

世界110ヵ国以上で販売されており、20代のビジネスマンからも人気のある時計です。

・参考価格:約2〜4万円

 

タグ・ホイヤー(TAG Heuer)

タグ・ホイヤー(TAG Heuer)は1860年に設立されたスイスの時計ブランドです。非常に高精度な時計として高い評価を得ており、100分の1まで計測可能なストップウォッチを世界で初めて開発した実績があります。

デザイン性が高く、スポーティーな時計が人気を集めています。

タグ・ホイヤーは様々なシリーズを取り扱っており、防水性に優れたものやスポーティーなデザインを押し出したものなど幅広く展開しています。

日本では高級ブランドとして、ロレックスやオメガと並んで着用者が多い時計です。

・参考価格:約16万円〜

 

オメガ(OMEGA)

オメガ(OMEGA)は1848年にスイスで設立された有名な高級腕時計ブランドです。

人類初の月面着陸であるアポロ計画でも使用されており、初めて月面に行った腕時計としても知られています。

それだけ耐久性に優れており、高性能なことがわかります。

初めての時計選びで失敗したくないという20代のビジネスマンには外せない時計ブランドです。

・参考価格:約20万円〜

 

セイコー ブライツ

セイコーブライツは1881年に設立された日本を代表する腕時計メーカーのセイコーのラインです。

セイコーは日本で初めて腕時計を作成し、世界で初めてクオーツウォッチを製品化しました。また、オリンピックなどの世界大会ではセイコーのタイマーが採用されているほどの世界的なブランドです。

ブライツは日本や中国、アメリカ、ドイツ、イギリスの標準電波を受信する電波修正機能が搭載されているビジネス用の腕時計です。

ソーラー電波タイプの腕時計なので、時刻を自動的に修正してくれます。

ケースにはチタンとサファイアガラスが採用されており、耐久性に優れています。海外出張が多いビジネスマンにはおすすめの時計です。

・参考価格:約10〜16万円

 

セイコー ワイアード

セイコー ワイアードは先ほどご紹介したブライツと同じセイコーの別ブランドです。

ワイアードは2000年にできた比較的新しいファッションウォッチブランドです。10代後半〜20代前半から人気があるファッション性が高いブランドです。

エッジの効いたデザイン性と機能性が特徴的で、今までにないデザインが20代男性から好まれています。

また、ドラえもんやミッキーマウスなどとコラボレーションしたデザインも販売されており、新しいデザインが好きな人にはおすすめのブランドです。

・参考価格:1.6〜3万円

 

ダニエル・ウェリントン(Daniel Wellington)

ダニエル・ウェリントンは2011年に設立されたスウェーデンの時計メーカーです。ブランド名は設立者が世界一周旅行の際に出会ったイギリス人の名前に由来しているそうです。

文字盤にはDWと書かれたロゴがデザインされているのが印象的です。

若者から人気があり、プレゼントでペアルックとして選ぶ人も多いようです。

また、ベルトもメタルタイプと革タイプの両方があり、アクセサリーも取り扱っています。

・参考価格:2.2〜2.5万円

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は20代のビジネスマンにおすすめの時計をご紹介しました。

時計はビジネスシーンでは欠かせないアイテムの1つです。買うのならベルトや文字盤、デザイン性にもこだわってみてはいかがでしょうか。

また、スーツに合わせたデザインの時計を購入してみるものおすすめです。